トピックス 法人研修 活動報告

新入社員研修に導入「ストレスマインドセット入門」実施報告

 

認定ナビゲーターの新居範子です。

2021年4月、私が勤務している株式会社マークスにて、本年度入社の新入社員研修の1コマとして体験講座「ストレスマインドセット入門」を実施し、講師を担当いたしました。

 

 

私は、IT企業の人事部に属し、企業内キャリアコンサルタントとして「思いやり経営を掲げ「人と人の和」を大切にする組織づくりに関わっています。

システムエンジニアの仕事は、「手に職をつけたい」という希望に胸を膨らませて入社する人がいる一方で、業界・業態などの構造上、きつい、きびしい、帰れない、の3K職であるとも言われます。残念なことではありますが、弊社においても、メンタルヘルス不全によって休職する社員がありました。

そのような状況をみるにつけ、キャリアに関するカウンセリングをする前に、ストレスによって簡単に折れてしまわない心(レジリエンス)を育てることが必要だと感じ、EAPメンタルヘルスカウンセラー(eMC®)を取得し、働く環境改善の一つとしてストレスに関する心構えを伝えています。

 

多くの社員は「ストレス」に対して、「よくないもの」「悪い影響があるもの」「避けるべきもの」とネガティブなイメージを持っています。つまり「ストレスは害になる」というマインドです。

しかし、ストレスが自分の成長やパフォーマンスの向上や人間関係形成のために「役に立つ」というポジティブな側面を学んでおくことは、仮にストレスフルな状況にあっても、それに圧倒されずに、賢明な選択がしやすくなるのではないかと考えます。

 

今回の新入社員研修でこの「ストレスマインドセット入門」を導入したことにより、

  • ストレスを力に変えるマインドセット と
  • ストレスに対する効果的な向き合い方 を

伝えることができました。

これからの社会人生活の中で問題や課題に出会ったとき、それらが生かされ、組織の中で活躍し続ける人材として育ってほしいと期待しています。

 

 

<受講者からの感想>

■ ストレスは必要のないものと考えていたが、ただ逃げるのではなく活かせるように考え、意識したいと思う。

■ 人それぞれストレスの種類が違うこと、ストレスサインを知れたので、今後の自己管理、人との関わりにも役立つと思いました。

■ ストレスに対する考え方が変わり、ストレスをうまく活用して成長していきたいと思いました。

■ ストレスは悪であるという考え方を、ストレスはチャンスという考え方にシフトチェンジすることが出来た。

■ ストレスは一概に悪い、害があると捉えていましたが、よい側面があると知ることができたのが良かったです。
また「ストレスは感じてもいい」というのが、「ストレスを感じないために…」を考えしまう自分にとってとっても気が楽になりました。
捉え方次第で大きなエネルギーに変えていけるものだとわかり、自分のコンプレックスを克服できるのではないかと思いました。
自分なりのストレスマインドセットを見つけられるようになりたいです。

■ ストレスによって絆が生まれ、成長もできる。
弱みの周辺に強みが隠されている。もっとストレスをプラスに考えて良いのだと感じました。
ストレスを味方にして、自分の心を幸せにしていきたいと思いました。
そして自分の周りの人の心も幸せにしたいと感じました。

 

報告者:新居範子

-トピックス, 法人研修, 活動報告

© 2021 一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミー Powered by AFFINGER5