ウェルビーイング ベーシック 講座概要

ウェルビーイング ベーシック

 

ベーシック講座では、ポジティブ心理学を含むウェルビーイング研究に関する関連領域を扱います。

 

多くの人たちが「こうすればきっと幸せになれる」と信じて努力してきたことと、私たちの幸福度を本当にあげてくれるものには、どうやら大きなズレがあるようです。

もし、毎日頑張っているのになかなか願っているような状態が得られない、幸せを感じても一瞬だけですぐに元に戻ってしまう、などと感じることが多いのなら、それは「長続きしない幸せ」のために時間やエネルギーを使っているのかもしれません。

 

心理学の研究の中には、私たちの行動や考え方に役立つ多くの研究データが存在します。

中でも、近年とても注目されているポジティブ心理学の研究では、人の幸せに関する新たな発見と日常生活に生かすことのできるトピックスが続々と発表されています。

これらの知識は、自分にも周りの人たちにとっても、いますぐ幸福度をアップさせるために役立ちます。

このベーシック講座では、これまでの心理学研究の変遷と幸せの研究の背景、「幸せ(ウェルビーイング)」に関する様々なデータ、いつでも誰でもどのような状況にあっても、自らウェルビーイングを高めることのできる効果的な方法を学んでいただけます。

 

<内容>

ウェルビーイングベーシック1

〜ウェルビーイングの基礎知識〜(6時間)

【目的】
ウェルビーイングという概念を理解し、“人生のすこやか度”を高める。

【到達目標】
・ウェルビーイングの3つの領域を理解する。
・ウェルビーイングに関する理論を学ぶ。
・ウェルビーイング向上の方法を体験する。

 

Ⅰ.ウェルビーイング概論

  1. ウェルビーイングとは何か
    (ウェルビーイングの意味と取り組む意義について学びます)
  2. 心理学の新たな潮流
    (新しい心理学の流れといまウェルビーイングが注目されている理由につて学びます)
  3. しあわせに関する概念
    (長く続く幸せと続かない幸せの違い、幸せに関する世界の動向について学びます)

 

Ⅱ.ウェルビーイング各論

  1. ウェルビーイング研究で明らかになったこと
    (成功と幸せの関係、幸福な人と不幸な人の違いについて学びます)
  2. しあわせが遠ざかる理由
    (幸せとお金のつながり、私たちがネガティブなことに注目してしまう理由について学びます)
  3. ウェルビーイングを高める方法
    (幸せの方程式と人の行動のメカニズムについて学びます)

 

Ⅲ.ウェルビーイングの実践

  1. 心理的ウェルビーイングについて
    (人生の肯定的側面や日常の良い面に意識を向ける実践法を学びます)
  2. 身体的ウェルビーイングについて
    (栄養/運動/休息の三つの側面からウェルビーイングを高めるコツを学びます)
  3. 社会的ウェルビーイングについて
    (人間関係や仕事におけるウェルビーイング、幸せに対する「恐れ」について学びます)

 

<WBB1の期待される効果>
・人々の心と体の健康について理解が深まります。
・幸せ研究の背景と情況を学べます。
・効果的に幸せが増える方法や、長続きする幸せの特徴がわかります。
・不幸せな状態(不調)から、より良い状態(好調)への転換ポイントがわかります。
・日常的に行える、幸せを増やすための行動習慣や思考習慣が手に入ります。

 

 

<内容>

ウェルビーイングベーシック2

〜ストレングス・アプローチ〜(6時間)

【目的】
自分の強みに気づき人生に活かす。

【到達目標】
・強みとは何かを理解し、その効果を知る。
・自分の強みを把握する。
・強みを活かすための実践法を考える。

 

Ⅰ.ストレングス・アプローチ概論

  1. 強みとは何か?
    (ウェルビーイングと強みの関係と、その効果について学びます)
  2. 強みを活用することの意義
    (強みに注目することの難しさ、強みと自己効力感の関係について学びます)
  3. 強みを測る
    (強みの測定ツール、ストレングスファインダーとVIAの違いを学びます)

 

Ⅱ.ストレングス・アプローチ各論

  1. 強みの探求
    (強みに関するプロセスラーニングと、強みのオーガナイズを学びます)
  2. VIA-ISで考える強みの活かし方
    (VIAでみる強みの特徴、トレードオフ、それぞれの生かし方を学びます)
  3. 他者の強みにフォーカスする
    (強みとエンゲージメント、パフォーマンス向上との関係について学びます)

 

Ⅲ.ストレングス・アプローチの実践

  1. 強みを活かす際の注意点
    (社会的比較理論、強みの過剰使用と阻害要因について学びます)
  2. 強みと弱みの扱い方
    (弱みの利点、相互補完的な関係について学びます)
  3. 強みを活かすエクササイズ
    (強みの認知レンズ、強みを用いた他者視点について学びます)

 

<WBB2の期待される効果>
・強みに注目することのメリットについて学べます。
・人の脳のしくみと、強みにフォーカスする仕組みがわかります。
・自分自身の強みについて理解が深まります。
・自己や他者の強みを発掘する際のポイントが整理できます。
・強みを日常生活に生かすための方法が学べます。

 

取り扱う分野 ポジティブ心理学、臨床心理学、公衆衛生学、栄養学、脳科学など
対象 ・ウェルビーイングについての知識を深めたい方
・しあわせに関する研究やエビデンスについて知りたい方
・自分の人生の幸福度をもっと高めたい方
・より充実した人生を送ることに興味のある方
・周りの人たちにもっと幸せになって欲しい方

  • 企業内で用いたい方、教育関係者、医療従事者、心理関係者・コーチ、家族関係に適用したい方、学生の方など、どなたでもご参加いただけます。

(ウェルビーイングの知識は幅広い分野に応用できます)

受講時間 それぞれ6時間
受講料  各22,000円(税込)

※ベーシック1+2の両方をお申し込みの場合は、44,000円(税込)

*お申込み後、確認メールでお支払いについてご案内します。

その他 この講座は、認定講師の必修講座の一部になっています。

ウェルビーイング心理教育ナビゲーター(認定講師)を目指される方は、ベーシック1&2の受講が必須となります。

 

 

<受講生の声>

受講生の声(クリックすると表示されます)

ウェルビーイングベーシックの受講動機

・これからの人生にプラスになりそうだから。(E.M.)

・どんな時でも幸せと感じていたいから。(T.I.)

・いつも不安や心配ばかりを抱えて、とてもネガティブな状況を少しでも改善したいと思ったから。今よりも自分や家族が幸せになれたらと思ったから。(K.S.)

・再現性のある幸せに興味があったから。自分の人生を終えるときに、充実した気持ちで終えたかったから。(A.S.)

・夫婦の諍いが多かったので、家族の幸せを求めて、ポジティブ心理学関連の本を何冊か読んでおり、関心が高い分野だったため。(A.K.)

・職場の人間関係に悩む日々を少しでも改善したかったため。(匿名)

・産業保健におけるメンタルヘルス対策に役立てたいと思ったから。(N.I.)

・掴みどころの難しい「幸せ」について、統計的・科学的にアプローチしていく手法に興味を持ったことと、学校では教えてもらえない「幸福な人生の送り方」を子どもに教える手助けになると思ったため。(上田恭子さん)

・ポジティブ心理学、幸福学を日常にて活用し、いい人になりたい。かつ幸せでいたい。(木村智浩さん)

・自分を幸せにできる自分になりたいと思ったため(Y.S.)

受講前と後の自分や周りの人の変化

全体を通して感じたことや受講後の変化

・幸福度を上げるために自分ができることはたくさんある!とわかり、以前より前向きになれた気がします。(匿名)

・自分を変えるために何をしたらいいかわからずモヤモヤしていたが、どんな思考と行動をしていけば良いかわかったので、モヤモヤが晴れた。(R.K.)

・多様な方々と知り合うことは、自分の人生の幅が大きく広がり、自分の内面がより豊かになれると体験できました。新しい自分を発見できたり知識が増えるので、行動することも大事だなと思いました。エビデンスがあることで、より分かりやすかったし、幸せは意思によって生み出せるとはっきりしたことで、人はいつからでもより良く変われると腑に落ちました。(K.S.)

・いつもなら不安や心配が先行してしまうことも、考え方や行動を意識的に切り替えることで、少し前向きになれたと思います。(K.S.)

・行き詰まりを感じる時、これまでは解決策を探すことに心がストップをかけることがありましたが、講座を受講した後は「まだできることはある」という気持ちが、スッと出てきたことに驚きました。講座で扱う様々な研究結果やワークが、それを”知る”だけでも人を笑顔にして、ワクワクした感情、期待、希望を与えるものだと気づきました。学んだことを実践すれば、自分自身も自分の周りの人達も、自らの手でウェルビーイングな毎日をつくれる!と思えました。(尾崎優里さん)

・自分を卑下したり、絶望を感じなくなった。落ち込んでもニュートラルな状態に戻れるようになった。(S.O.)

・自分が意識して取り組んできたことの裏付けがとれたことで、より自信を持って新たな取り組みができそうです。(T.N.)

特にウェルビーイングベーシック1では…

・「幸せは日々を味わうことでより深まっていくもの。心の向け方や物事の見方を変えていくだけで、事象はまったく別物にも変化する」と思い続けてきましたが、多くのエビデンスから確信を持つことができました。(K.R.)

・「頑張っても頑張っても、なにか足りない、幸せじゃない」と感じていた理由がわかった。幸せは自分の意思に基づく活動によって、他人は関係なく、自分で創造できるということがわかったので良かった。(R.K.)

・幸せを高め持続させる行動習慣があり、日常生活のレベルで実践できることがわかった。(H.F.)

特にウェルビーイングベーシック2では…

・自分の強みを知ることができそれを今後どう生かしていったらいいのか理解が深まり、自信がつきました。(K.R.)

・「強みを知って使うことのメリットがたくさんあり、強みにフォーカスすると成功し幸せになるということ」が一番心に残った。自分の強みを尊重できるようになると、他人の強みも尊重できるようになるので、良い人間関係が築けるようになると思った。また、実際に自分の強みを知り、活かし方を考えることを通して、自分が社会に貢献できるのではないかと、希望を持つことができた。(R.K.)

 

 

<講座開催スケジュール>

ナビゲーターが各地で主催します

ウェルビーイングベーシック1

ウェルビーイングベーシック2